IMG_20151101_121600745

カーボン補修その2 ウェット・ドライの違い

実際にカーボンフレーム補修に必要な知識だけをやっていくのでそこまで専門的なことはやりませんが。

本来FRP系の作業にに手を出そうとすると、結構大変なことになります。ガラス繊維でパーツの型取りをしてワックス塗って離型して、カーボンシートを張って・・・・・繊維のほかにも多種多様な樹脂やアセトンや器具が必要になってくる。もう気が狂いそうになります。

そこまでを一般家庭のレベルでやろうとするととんでもないことになってしまいますが、ご安心ください。フレーム補修に必要な道具、技術、設備はこんな大げさな物ではございません。

犬小屋を作れるスキルと根気があれば誰でも出来ます。事実、僕は二十日大根すらマトモに育てられなかった粗忽者であります。

実際の作業に入る前にもう一つだけ余計な知識を入れて置いてください。

大まかに言ってカーボン製品にはウェットカーボン、ドライカーボンの二種類に分かれるのです。

rp_o0640048012894329824.jpg

カーボンフレームに使われる物、レーシングスポーツや航空機に使われるのはこのドライカーボンです。熱硬化する樹脂をしみこませたカーボンシート(プリプレグ)を型に貼り付け、高圧で圧縮しながら専用の釜で焼きあげます。

ドライカーボン生成に必要な施設はん千万もしますので、個人でドライカーボンを扱うことが出来るのは恐らくビル・ゲイツかアラブの石油王とかそんな人たちでしょう

一般的な軽く、硬いカーボンはこちらのドライカーボンをさしています。カーボン繊維その物ががちがちに圧縮されて最小限の樹脂で固まっています。金属よりも強固で軽量。振動吸収性にも優れる理想のマテリアルの出来上がりです。僕の骨格がカーボンで出来ていたら、と何度夢に思ったことでしょうか。

それではウェットカーボンはなんぞや?ウェット彩の事ではありません。

生の、という表現が正しいか分かりませんが、カーボン繊維にエポキシやポリウレタンの樹脂をしみこませ、硬化させた物。プラスチックの中に繊維が入り込んで通常のプラスチックよりは硬くなっているような物です。こちらは実際にそこまでの強度は出ません。重量もそれなりです。

じゃあ、何なのか?ハッキリ言って見た目と気分の為、が大部分を占めるでしょう。カーボンの折り目が綺麗に浮き出たエアロパーツなんかはやっぱり男心をくすぐるのです。

そして、家でカーボン補修を行うには当然ウェットカーボンの方で施工しなければなりせん。そこで色々な工夫を行って、出来る限りドライカーボンに近づけていくのです。

資材調達編 へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA