LOOK586SL カーボン補修その5 血筋に抗いながらペイントを試みるわけだが

兄弟が三人いて上の兄と、下の妹と
うちは三兄弟なわけですが。

自分が思うに一番父親の血を引いてるのは
兄で、僕、妹と、父親の影響が薄まっていく
と思われる。

父は練習のしすぎで腰を壊し、競技ダンサーとしての
限界を迎えてしまい、

兄はこれまた練習のしすぎで腰と首を痛めて
ミュージカルダンサーを続けながら、常に
故障と向き合っている。

この二人はどうやら、何かを突き詰めなければ
気が済まないたちであり、その結果として我が身を
焼き尽くしてしまうような生き方をしているのだろう。

その点、僕も妹もそこまで自分を追い込むことは
できず、どちらかというと自分に甘い方だと思う。

といいつつ、母に言わせると
「あんたら兄弟はみんな揃いも揃って
頑固者でお父さんにそっくり」

だそうな。

唯一、僕が父の影響を色濃く受けたな、と感じるのが
気が短い
字が汚い。

この二点に関しては、遺伝子を呪いたくなるほど
受け継いでしまっている。

今回、LOOK586のトップチューブをこの際だから
ロゴを再生してみようと試みたわけであるのだが、

この距離、アングル、カメラの性能ならば
そこそこに見えたものである。

近づくとやっぱりぼろが出る。
塗装という作業は根気との戦いだ。
塗料を重ねるのに、マスキングテープをはがすのに
いちいち待たなければならない。

そして、この待つ行為ができなかった。

生乾きで塗料を上乗せしては、下地が剥がれてしまったり
生乾きで仕上がりをどうしても見たくなって
マスキングテープをはがしてしまって塗料が
滲んでしまったり。

ウチの父親もカップラーメンの三分が待てない
人間なので、つくづく血筋とは恐ろしいな、と感じて
しまった。

これがペイント前の姿。

あとは細部を繕って、ウレタンクリアを上塗りしたら
作業終了。

なかなかに長い戦いでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「LOOK586SL カーボン補修その5 血筋に抗いながらペイントを試みるわけだが」への3件のフィードバック

  1. 1. こんにちは。
    いつもながらに凄い工房です。
    そんな中でも、マスキングテープを早く剥がしたいというくだりが、子供の頃のプラモデル作りを思い出して笑えました。ハハッ
    http://ameblo.jp/dandy2013/

  2. 2. Re:こんにちは。
    >FELTさん

    コメントありがとうございます
    工房などと言われるととてもとても・・・
    リビングの片隅で同居人に白い目で
    見られながら地味な作業をつづけている
    だけですので。

    プラモデル、一回はまってみようかな
    と思って、ちょっと本を読んでみたら
    あまりの仕事の細かさに諦めた
    思い出があります。あれは人間の
    技ではない・・・

    全然関係なんですけれど、いつか
    半透明の輝石を使ってナイフなんか
    作ってみたいな、なんて思ってるこの頃。
    http://ameblo.jp/aprfoor/

  3. 3. こんにちは!!
    せっかく読んだのでコメントさせていただきますね!今いろんな方のブログを読んで勉強させてもらってます★また来ますので^^
    http://ameblo.jp/linestanp5/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA