IMG_2194

試乗可能 ぬらぬらと黒光りするバイク紹介~cervelo R3-SL~

自転車名 R3-SL zero nite 22s
ブランド cervelo
価格 黒い雷神 約三万個分
サイズ 54
フレーム R3-SL 2010

僕の中で黒い物といえば

昨今世間をにぎわしているベンタブラックなる世界一黒い物質

歩くブラックホールとまで言われた日本一黒いあの人

そしてcervelo R3-SL

太くて黒い我が家のビックマグナムがこの度、フルクラムの黒い奴をはかせてさらに黒くなりました。

IMG_2195

cervelo R3-SL

個人的に最も気に入っているバイクの一つ。2008年のツールの覇者。

空気抵抗?何それ美味しいのといわんばかりに太く角ばったダウンチューブを初めとして、風が吹いたら折れそうなシートステーやら極端なアイコンをつなぎ合わせただけの無骨なフォルムがなぜか非常に美しい。

ああ、逞しきかな、ビッグマグナム・・

IMG_2201

最近の曲線基調の流麗なフレームは大体ケーブル内臓処理されていて組み付けが非常に面倒くさい。

見た目にもシンプルでケーブルも外出しのR3-SLは組むにも走るにも扱いやすい。

これは心理的にも作用してくるのか、走らせている時もバイクに対する信頼感が、親和性が、他のバイクよりぬきんでているような感じを受けてしまうのだ。

今でも一級品の運動性と軽量性に加えてこの信頼感。ついついR3にアッセンブルされたBOMAのカーボンハンドルに僕の手は伸びてしまう。

IMG_2198

昨年までは決戦ホイールZIPP303を履かせていたのだけれど、軽量カーボンチューブラーはわかっていても走っているときにどこかナイーブになってしまう。

R3-SL、スラム、ZIPPの組み合わせはいかにも美しいのだけれどR3の取回しの良さを活かし、もっと乗り倒せるバイクにするべく金属クリンチャーホイールに換装することにした。

IMG_2199

お気に入りのR3。どうせなら中途半端な物ではなく良い物を、と白羽の矢が立ったのが漆黒のフルクラムレーシングゼロナイト。

極上のブレーキ性能とゼロの唯一の欠点だった乗り心地の硬さを改善した、現在最金属ホイールの頂点の一つ。シャマルミレのG3スポーキングはR3には似合わない。

折角の11s対応ホイールなのでコンポもforce22にグレードアップしてみた。近々ローターのクランクと楕円リングを導入する予定である。

出来れば旧デザインのローター3Dを入れたい。あの幾何学的なデザインのクランクとチェーンリングをまとったら、ビックマグナムがどんな姿になるのだろうか。想像するだけでじんじんと疼いて来る物があるぞ。

IMG_2200

最新兵器で武装したR3-SLの黒く屹立した未踏峰を思わせる御姿。

旧車と侮る無かれ。俺は黒いマグナム。アスファルト焦がす熱く滾る黒いトルク。

ビックマグナムは新兵装を持って黒い雷神と改名する。

これぞマサシク加速度イナヅマ級。黒い雷神この地に降臨す!若い女性にも大人気なのである。

 

IMG_4723追記 ホイールを変更しました

現在の仕様はこちらになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA