IMG_3944

試乗車 TIME VXRS super record 11s へ

自転車名 TIME VXRS super record 11s
ブランド TIME
サイズ 54
フレーム VXRS

ふと魔が差して、気がついたらスーパーレコードのクランクなんぞ、身の丈に合わない物を買ってしまったのが運の尽き。

それまで所有していた同じくスーパーレコードのエルゴレバーだけでは飽きたらず、グループセット(カンパはコンポ一式をこのように呼ぶ事を義務付けている)スーパーレコード一式揃えてしまいたい衝動に駆られてしまったのだ。

これがカンパの、イタリアの魔性か。そしてこの比類なき美しいグループセットを身に纏うのは、時が止まったかのような名車、TIME VXRS

IMG_2036

元々我が家のVXRSはこれまた名作シマノ7800系dura-ace で組まれていました。

金属加工の粋を極めたこのコンポは、機械的性能を突き詰めた物が持ちうる数学的整然とした美しさと、使い倒される道具である事を前提とした大振りの野太刀のような迫力を兼ね備える稀有なるコンポである、と思っている。

同じく、ロードバイクの歴史の記念碑となるようなクラシカルな美しさと、同時にレース機材がまず真っ先に備えるべき、強靭さ、たくましさを兼ね備える稀有なるバイク、VXRSが身に纏うにふさわしいコンポだったのだけれど

今回スーレコを一通り(実はブレーキだけはまだコーラスなのだけれど)揃えてみて、果たしてどのバイクに組み付けようかと考えたときに色々と考えてしまうのだ。

順当にいけば、C60が候補に挙がるのだけれど、レースバイクであるコルナゴのトップエンドが纏うにはちょっと華美すぎる気もする。

サーべロにはカンパは似合わない。BMC-SLR01にはもっと先進的機械的なパーツを組みつけたい、595はそれこそ7800系が良く似合う。

そんなこんなで白羽の矢が立ったのがこのVXRSだったのだ

IMG_3949

美しいホリゾンタルの気品あふれるフレームに、カンパの美しい曲線が良く映える。ホイールは11s化に伴いキシリウムに変更した。シャマルの外観も非常に惜しかったのだけれど。

IMG_3945 IMG_3946 IMG_3944

コーラス、レコードで機械的な性能は突き詰めながら、更に官能的な美しさ,操作感、ステイタスを満たすために敢えて造られた、ある意味では本来不要なコンポ、スーパーレコード。趣味性の高い自転車を彩るのにこれほどふさわしいパーツ郡はない。

TIME VXRSの持つ強靭なレース機材としての特性ではない、もう一つの特性。ヴェルダースオリジナルの貴方が特別な存在である事を思い出させてくれるような乗り心地に、特別に呼応するふさわしいコンポ

IMG_3943 IMG_3947

思わずにおいを嗅ぎたくなるような美しさと強さのパフューム。

乗ってよし、眺めてよし、触れてよし、良し。

江戸時代の商人が理想とする、三方良し のようなバイクに生まれ変わったVXRS。

もちろん、当ぺんしょんにて試乗していただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA