IMG_4726

試乗車 仕様変更 黒い雷神creveloR3 SL 刹那と背徳のZIPP404

今シーズンはレーシングゼロナイトとあらたなコンポを身に纏い、その全方位的な性能と黒さに磨きをかけたビッグマグナム、cereloR3 SL

ゼロナイトの乗り味とクリンチャーの取り回しの良さ、ブレーキ性能と、R3SLの超軽量高剛性かつ、外だしケーブルにスレッドBBと心置けない竹馬の友のようなフレーム特性、何より黒い。本当に黒い。

 

IMG_4723

何の不満もなかったR3SLとゼロナイトの組み合わせ。だがしかし幾日も乗り込んでいくうちに胸の内にほんのわずかなしこりが生じてくるのである。

そのしこりに無意識に目を背けながら、ついに自分の本心にうそをつけなくなってくる。そのしこりの正体は「完全すぎる」

もともとR3が放つ重力、われわれの心を惹きつけてやまないエネルギーの様な物、それは端整でありながらどこか未完成であるという事。

ならば、ゼロナイトとの組み合わせは素晴らしいのだけれど、なぜかR3の持つ本質をほんの少しばかり曇らせてしまってはいないだろうかと感じてしまうのだった。

やはり、R3は黒く、そしてソリッドでスリリングでなければならない。軽量カーボンチューブラーのひりつく様な軽快感と、刹那的背徳感。

金属ホイールではどうしても超えられない動性能。引き換えに何かを削ぎ落としながら空気も大地も我が身も切り裂くように走る。まさにレースバイクのそれが、R3に良く似合うのだ。

とゆうことで秘蔵のzipp404がついに日の目を見る日が来たのでございます

IMG_4724

ファイアクレストになる前のモデルです。タイヤは個人的にお気に入りのtufo 。真円率と硬質な乗り味がいかにもな感じです。

IMG_4725

 

IMG_4726

近くで眺めていると、ぞくりとする迫力があります。

実測は大体6kgちょうど位でしょうか。この辺に来ると細かい数字はどうでもよくなってきます。

軽量仕様ですが、その存在感は質量が空間をゆがませ、光の軌道さえも捻じ曲げる高密度天体のように、周りの空間を凍りつかせるような緊張感に満ちています。

こんなバイクで奥信濃を駆け巡ってみたいかた、是非。

 

cervelo R3 SL 2010年、ブラックシルバーカラー サイズ51

適応身長170~175位

コンポ sram force 22 , rotor 3D 非真円クランク

ホイール ZIPP404 チューブラー タイヤtufo s33

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA