img_5660

試乗車 でもどり娘のLOOK695 aero light

気がつくと夜明けの時間がすっかり遅くなっていました。夏の間は4:30くらいにはもう外は薄っすらと明るくなり始め、ヤギ達も活動を開始しているのですが、最近は6:00位はまだ夜の領域といってもいい程の暗さ、静けさ。

それでも人間より暗闇での視力の効くヤギたちは活動をはじめ・・・(このままヤギの話が延々と続きそうなので強制終了。言いたいのは、ヤギかわいい、みんなヤギ飼え)

 

img_5659

ヤギとの濃厚な時間も終わり、玄関の脇をふと見ると、そこには身に覚えの無い巨大なダンボールが。この家でこんな巨大な郵送物を送り送られてくるのは僕くらいなので、怪訝に思いながらも開封してみるとそこには・・・

 

「ただいま・・もどってきっちゃった」

ちょっとばつが悪そうな顔をしながら弱みを見せないように精一杯強がっている695aero lightがちょこんと収まっています。

ブレーキ周りはじめ、専用機構のメンテナンスの余りの煩雑さにレンタルバイクとしての運用を断念し、オークションで新しいオーナーにもらわれていった筈の695のマキシムモデル。

img_5657

まあ、色々あってこいつを落札してくれた方とは縁がなかったというかそりが合わなかったというか。結局戻ってきてしまった695。再出品も考えたのですが、何となくそこまで邪険にすることも無いんじゃないかという気が強くしてきます。

ここはひとつ、開き直ってとことんこいつと向き合ってみることに。

まずは問題のブレーキをどうするか。僕の組み付け技術では、なのかそもそもコンセプトに問題があるのか引きが重く、レバーの戻りも悪い。これを改善できないことにはエアロライトは風に乗るどころか壁にかけられて埃をかぶりながら嘲笑の的にされたまま朽ち果てていくのみです。

さあ、どうするかといったところでお風呂が沸いてしまったので今日はここまで(つづく)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA