img_6234

試乗車紹介 V8!V8! デスロードへいざ漕ぎ出さん、ピナレロドグマF8

ここはピナレロとジャガーに敬意をこめてファウストを讃えるべくF8!F8!と叫ぶべきか。

それとも本能の赴くままに坊主頭に白塗りの格好で、四本の指を組み合わせてV8!V8!と叫ぶべきか。

理性と本能のハザマでわが魂は誰にかしづくのか、強烈に揺れ動く。そんなテンションのあがる試乗車、ピナレロドグマV8(やっちまった)の紹介ページでございます。

img_6231

二年前に入手した当館レンタルバイクサービスの目玉、コルナゴC60につづき、もう一つの目玉となるバイクがやってきました。

現代最凶最狂絶叫バイク、pinarello DOGMA F8、レンタル開始でございます。

スペック

フレーム :pinarello DOGMA F8 東レt1100 1k使用 アシンメトリックデザイン (トップチューブ CDJによって再生) 51.5サイズ

コンポ : shimano DURA-ACE 9000系 クランク50/34

ホイール: カンパニョーロ シャマルミレ

タイヤ: パナ race L evo2  25c クリンチャー

サドル: セラサンマルコ SKN

ステム:FSA

ハンドル:DEDA PRESA カーボン

ペダル:shimano 7810 SPD-SL

車重(ペダル込み) 約6740g

img_6235

左からみるとドグマ

img_6226

右から見るとピナレロ。一粒で二度おいしい。

ツール二連覇を果たした文句なしの最凶バイク。バイク性能に任せて絶叫しながら狂った走りをするもよし、あえてこのバイクでのんびり木島の自然を満喫するもよし。ハイエンドレースバイクでありながら剛性バランスは意外に優しく、どんなライダーでも高性能を楽しめる懐の深さがあります。

が一度こいつにまたがったら、テンションマックス、口にニトロを含んでは機関部に吹き付けての、エンジンが文字とおり火を吹くオーバーヒート間違いなしのイカレタ走りを展開したくなること請け合いです。

理性は吹き飛び、見慣れたいつもの田んぼ道がオーストラリアの延々とつづく荒野にみえてくるでしょう。まさにこいつは尻と、ハンドルとペダルで感じるマッド体験。

ここまでの性能に仕上げたピナレロに乾杯。F8!F8! と彼の人を讃えるもよし、

V8!V8!と神話的機関部をとおして世紀末支配者に祈りをとどろかせるもよし。

ドグマが発する暴力とガソリンの香りに引寄せられ、群がってくるヒャッハーたちとルール無用のデスロードを堪能してください。(もうわけわかんねんな)

と、このドグマについて記事を書くためにマッドマックス怒りのデスロードについて調べていたらあの夏の興奮がよみがえってきつつ、もうどこにも上映館がない事実にひざが震える感覚を覚えました。

もう、これは乗るしかない。

木島がほこる米とイナゴが跋扈する大地へと・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA