初の健康診断。 やはりからだは資本である。

先日、人生で始めて健康診断を受けてみた。

というのも、ちょっとした知り合いが、突然ガン宣告を受けて
実家に帰ってしまう、というトラブルにみまわれることがあり
そんなこともあって僕と友人たちの間でちょっとした検診ブーム
が巻き起こっていたのだ。

僕も今年から一応は経営者の肩書きを与えられ、生きるも
死ぬも自分の裁量、健康は大事な資本だ。

自慢じゃないけれど、体は割と健康な方だと思っている。
問題点をいくつかあげるなら

暑い夏に不整脈が出る。
慢性鼻炎
極度の近視
人類最高レベルと自認する知覚過敏
若年性痴呆を疑われるくらいの物忘れのひどさ。
甘党
首に時限爆弾
血液型B型。

とりあえずはこのくらいだろうか。基本的にストレス耐性も
割と強く、あまり溜め込まないたちなのでもある。

この中で将来命を脅かす危険性のあるものは、知覚過敏くらいか。

これは本当にものすごく、ガリガリ君を噛み砕こうとするならば
上部前歯裏側と左奥歯に激痛が走る。

冷たいバナナをかじろうものなら口の中に五寸釘を打ち込まれる
かのような錯覚に陥る。

もし僕がスパイのような職業で、敵組織に捕まるとする。
当然奴らは秘密を聞き出すために僕を拷問にかけるわけだ。

鋼鉄のような精神で拷問に耐え、奴らも「こいつは単純な苦痛では
落ないタイプの人間か」と焦りの色を見せ始めるその時。

黒服を来た、ウォッカ、と呼ばれる男がふと息抜きに上着からガリ
ガリ君を抜き出し、おもむろに口を付けるその時、僕は一瞬その
冷気を放つ淡い空色の物体に目を奪われるのだ。

瞬間の動揺をかれらは見逃さない。当然だ。プロなのだから。

ガタイのいい、ちょっと粗野な感じの方はウォッカ
全体的に痩せていてちょっと薄汚れたねずみを彷彿させる方の男は
ブラッディと呼ばれている。

二人はニヤリと目配せすると僕の口の中にかじりかけのガリガリ君や
冷凍みかん、アイスの実などをこれでもかとばかりにねじ込んでくる。

そんな想像をしてしまうと、とてもじゃないが気が狂いそうになる。
が、僕は現実スパイでもなければおそらく敵対組織に拷問にかけられ
る心配もないのでこれらは杞憂に終わるのだ。

とにかく、大丈夫だろうとは思いつつも、何かあるといけないので僕も
健康診断を受ける事にした。

途中の無駄な妄想が長くなりすぎたので、結果だけ言うなら

「至って健康」

血液の各種の数値は一切の異常を示さなかった。もうちょっと
何かあってもいいんじゃないかと思うくらいに。

診断結果を伝えてくれた医師。茶髪のロン毛で
胸元をガバっと開け、足を組みながら、憮然とした表情で言う。
「なんの問題もありませんよ。」

お前は一体何しに来たのか、と言わんばかりのていである。
病院においては健康であることが咎められるのか?と
よい知らせであるにも関わらず少しばかりの不安を募らせる結果だったのだが。

とにかく完全な健康体であることが確認されたのだ。

こういうことがあると、両親に健康な体で産んでくれたことを
改めて感謝するしかない。

久しぶりに両親の顔を見たくなるような一日だった。
健康診断を受けたことは特に両親に話してはいない。
何か変わったことがあったのか、と心配をかけるといけないから。
と、ブログに書いてしまって両親が見てしまったら秘密にする
意味はないのだけれど、健康だったからま、いっか。

 

「初の健康診断。 やはりからだは資本である。」への1件のフィードバック

  1. 1. 無題
    一度大病をすると、つくづく思います、健康って何よりの財産!これほどの財産はないですよ!。

    自分も30代の暴飲暴食とストレス生活の前に自転車に会いたかったな~!
    http://ameblo.jp/sakon2012/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA