飯山新幹線開通が迫ってきた。

昨日、母親からメールが来た。
添付した写真を家のパソコンに送って欲しい、と。

うちの母親は超アナログ人間で、こういったデジタル関連
にめっぽう弱い。

僕が外出中に部屋で僕の携帯のアラームが鳴りだしたら
しく、その止め方がわからなかったのだろう、
携帯の上に布団がうずたかく積み上がっていたことがある。

母親はかなり面白い人だと思う。夏の仕事の時、人手が足
ない時に知り合いの学生にバイトを頼むのだが、帰るときに
決まって「お母さん、めちゃくちゃ面白いですね」とコメントを
残していく。

いろんなエピソードがあるのだけれど、それはまた機会があ
れば。

さて、どんな写真が添付されているのか、開いてみると
飯山駅に設置されている仁王像の写真だった。

 
この仁王像、なんでも国宝級のありがたい代物らしい。

たしか、ペリーが浦賀に来日したとき、開国を迫る威嚇
砲撃の時に砲弾のかわりに飛んできた、とか

元は出雲大社の大神殿を両側で支えていたとか・・・・

ロシアのツングース爆発の際に爆心地にこのつがいの像
がまさに仁王立ちしていた。
そ組成を調べると地球にはない鉱物でできていて、
この太陽系よりも古い年代測定結果に科学者たちが
震え上がったとか

ソロモン神殿崩落の際にボアズの柱を削って作られたとか

そんな素敵な来歴がまことしやかに囁かれているが、
歴史の真実は常に闇の中。

唯一はっきりしていることは、この仁王像、元々は飯山市
の所有物だったとか。

ところで、飯山市は仏具の街としても一部では有名で、
市内の一角をには仏壇街、と呼ばれる区画もある。

そして漆塗りの技工が発達しているらしい。

この数世紀ぶりに飯山市に戻ってきたありがたい仁王像
せっかくだから、飯山の売りである漆塗りでフィニッシュした
もっとありがたくなるんじゃね?というマーケティングにより
誕生したのが、このパンチのある仁王像なのだ。

はじめてこの仁王像を見たとき、いろんな意味で衝撃をうけ
思わず鳥肌が立った。

そろそろ面倒くさくなってきたので次回に続く・・・・・

長野県木島平にて
 
ダンスの宿
ちきちきばんばん
 
営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。
 
そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

「飯山新幹線開通が迫ってきた。」への2件のフィードバック

  1. 1. ふみと申します♪
    ども(・∀・)素敵なブログでしたのでコメントさせて頂きます☆表現が豊かな記事ですね♡私は今書き方を学んでいるのでとても参考になりました☆次のブログも楽しみにしてますよ♡お互い更新大変と思いますが頑張りましょうね!
    http://ameblo.jp/700771785/

  2. 2. 来ちゃいました♪
    はじめまして★今日は久しぶりにアメブロ触ってました★こういうブログもあるんだなと大変勉強になりました(・∀・)更新楽しみにしてますよ!お互い頑張りましょうね!でわでわ★
    http://ameblo.jp/400769716/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA