福井晴敏 人類資金最終巻

{BA827458-1B36-49F4-A1C4-BD0F77D1AFD5:01}

人類資金7、読了いたしました。
1-6巻がだいたい200p前後だったのに対して
この最終巻、600pを超えるボリューム。6巻を読んでから
一年近くが経過していたので、内容をおさらいするのが大変
でした。

個人的には福井さん、一番好きな作家です。
構成と人物造形がワンパターンであるとか、
描写がまだるっこしいとか色々言われているところもありますが、
一番ストレートに心を揺さぶられる言葉を紡でくれる作家さんであります。

どの作品にも、国家間の個人ではどうしようもない陰謀や流れに
巻き込まれ、絶望的な状況の中で人間の矜持を守るために
戦い続ける人間の姿が描かれます。

今作は経済がテーマということで、過去の作品に比べて
アクション要素は抑え目で、難しい内容もあり付いていくのが
大変でした。正直6巻までは消化不良というか、スッキリしない
部分もあったのですが、この最終巻で福井節を炸裂させてくれました。

余談ですが、実質デビュー作である「河の深さは」が
余りにも面白く感動的だったので、父親に進めてみたら、
会話と表現がまだるっこしくて読み進められない、と
切り捨てられてしまいました・・・・非常に残念です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA